感染症とワクチンをアップしました。 ご購入いただけたら幸甚です。

感染症とワクチン


絶賛販売中!
無料 !

日常の臨床に!、試験対策に!
その他、お悩みを解決します。

¥0

続きを読む →

レビュー →

感染症とワクチンについて、Coombs and Gell のアレルギー分類を踏まえ、知っておきたい事項をまとめました。
新型コロナ肺炎(COVID-19)も現在知りうる範囲内での情報を元に考察しています。

散文調であるため、学問として確定された情報だけでは無いため、無料としております。

A4 27頁 図3枚

目次
臨床ノート
キーワード
Coombs and Gell のアレルギー分類
肺炎球菌
肺炎球菌による予後不良な肺炎
麻疹
ワクチンを打てばどうなるか?
新型コロナ肺炎
コロナワクチンの投与でどうなるだろうか?

Keep in Mind
免疫には抗原提示細胞による抗原提示を受けた以後も記憶される免疫と抗原提示細胞による抗原提示を経由しない“先行免疫”とが有る。
記憶される免疫は、naive T-cell が抗原提示を受け取ることで始まる。
記憶される免疫にしてもどの程度の期間記憶されるかは、様々である。それを規定する因子は明確では無い。
ワクチンは免疫を利用するものである。
naive T-cell が抗原提示を受けるものは、副作用が強いが効果は高い。
未感染では副作用は限定的であると考えられる。
乳幼児の定期接種に利用されている。
naive T-cell が抗原提示を受けないものは、副作用が弱いが効果は低い。
未感染では副作用は限定的であると考えられる。
naive T-cell が抗原提示を受ける受けないは、傾向は予想できるにしてもワクチンを接種してみなければ実際のところはわからない。
種痘は現在ではワクチンとして認可されないであろうほどの夾雑物を含んだ代物であったのである。
免疫を不必要にいじることは、慎むべきである。

臨床で役立つばかりでなく、国家試験対策にも役立つことでしょう。

-

Copyright© メディカル アッハ , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.