熱中症をアップしました。 ご購入いただけたら幸甚です。

骨粗鬆症治療薬

更新日:



¥1,000

医師に疑義照会、処方提案する気持ちも込めてまとめました。

説明

Pharmacy Ach で骨粗鬆症治療薬をアップしました。

各種薬剤の特徴や使い分け、副作用等の注意点を記載しています。
ビスホスホネート製剤をどのようにして使い分けたら良いのか、テリパラチド製剤は連日製剤と1週間製剤について違いはないのかなど、臨床で気になる点を盛り込み、一部の製剤については比較しやすいように図に示しました。
骨粗鬆症の概念・診断等については、Medical Ach にて「骨粗鬆症」に記載しております。
併せてご覧いただくと、骨粗鬆症に関する知識がより深くなります。

A4 14頁 図3枚

目次
ビスホスホネート系製剤
・剤形と用法
・消化管障害
・腎機能障害
・低 Ca 血症
・急性期反応
・顎骨壊死
・投与期間
抗 RANKL モノクローナル抗体製剤
・顎骨壊死
・低 Ca 血症
・中止時の対応
SERM (選択的エストロゲン受容体モジュレーター: Selective Estrogen Receptor Modulator )
・静脈血栓症
・ AI (アロマターゼ阻害薬: Aromatase Inhibitor )との併用
・ ホットフラッシュ、下肢痙攣
副甲状腺ホルモン製剤
・高 Ca 血症
・悪心・嘔吐・頭痛・低血圧等の症状
・投与期間
・顎骨壊死
・腎機能の確認
・連日製剤の薬剤管理
活性型ビタミン D 製剤
・高 Ca 血症
・剤形
Ca 製剤
・胃腸障害・便秘
・高 Ca 血症
・腎結石・尿路結石患者には投与を避ける
・キレート形成
ビタミン K2 製剤
・ワルファリンとの併用禁忌
カルシトニン製剤

皆様の臨床での使用において参考になれば幸いです。

-

Copyright© メディカル アッハ , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.